白内障手術について|岡山市中区で眼科医院をお探しの方は片山東眼科医院まで

〒703-8262
岡山県岡山市中区福泊253-5
  • 電話
  • 電話
NEWS 新着情報
2018.11.1【院長不在のお知らせ】

11月21日(水)午後~22日(木)は学会の為、院長が不在となります。

2018.10.23【新しいスタッフのお知らせ】

10月1日(月)より視能訓練士 木村 楓さんがスタッフとして加わってくれました。

今後ともよろしくお願いいたします。

2018.10.4【院長不在のお知らせ】

10月19日(金)~22日(月)は学会の為、院長が不在となります。

2018.10.4【受付時間変更のお知らせ】

10月19日(金)は手術日のため、午前受付は11:45までとなります。
午後は15時から診察致します。

2018.7.1【先進医療実施施設に認定されました】

当院は先進医療実施施設として厚生労働省に認定されました。
先進医療特約をご契約されている方で多焦点眼内レンズをご希望の場合はお気軽にご相談ください。

白内障とは?

イメージ画像

加齢などの原因から、目の中にある水晶体が濁っていく病気です。
水晶体はカメラのレンズのような役割をしている器官です。その水晶体が濁ってしまうと、白く霞んで見えたり、まぶしく感じるようになり、進行するにつれて視力も低下していきます。

白内障の症状

初期段階では自覚症状はほとんどありません。
進行するにつれて、視界が暗くなったり、霞んで見えたり、眩しく感じるようになります。
なお、片目だけが白内障になった場合、もう片方の目で視力を補ってしまうため、症状に気づきにくいことがあります。40歳代でも40%は白内障が始まっていると言われていますので、わずかであっても見え方に違和感を感じたら、ぜひ片山東眼科医院までご相談ください。

  • イメージ画像通常の見え方
  • イメージ画像暗く見える
  • イメージ画像かすんで見える
  • イメージ画像まぶしく見える

当院の特徴

専門医が手術を行います

イメージ画像

片山東眼科医院では眼科専門医が高い技術力と豊富な経験をもとに、確実な治療を行ってまいります。国立静岡医療センターでは眼科部長として白内障手術を約2700例執刀してまいりました。
当院でも引き続き難しい白内障症例にも取り組んでおりますので、ご安心ください。

術後の度数ずれや乱視の軽減に努めています

イメージ画像

白内障手術では、濁った水晶体を人工レンズに入れ替えます。手術に必要な人工レンズの度数を決める際に、光学式眼軸長装置によって正しい眼内レンズの度数を計算できますので、度数がずれる心配もありません。
乱視矯正レンズも積極的に採用していますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

多焦点眼内レンズも扱っています

イメージ画像

通常の白内障手術に際して移植される眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」ですが、片山東眼科医院では「多焦点眼内レンズ」も導入しております。
多焦点眼内レンズは、遠方と近方の両方にピントを合わせることが可能なため、眼鏡なしで遠くも近くも見ることができるようになります。
ご希望の患者様は手術の前にご相談ください。

手術費用

片眼:380,000円
両眼:760,000円

厚生労働省認定 先進医療実施施設

当院は先進医療実施施設として厚生労働省に認定されましたので、多焦点眼内レンズをご希望の患者様では手術のための検査や処方は保険診療、手術費用のみ自費診療となります。
民間生命保険の先進医療特約をご契約されている方は手術費用が全額給付の対象になりますので、患者様のお支払いの負担はほとんどありません。
(お支払い条件は保険会社によって異なりますので、ご加入の保険会社に各自でお問い合わせください)
また、先進医療特約をご契約されていない方でも自己負担で手術を受けることは可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違い
  多焦点眼内レンズ 単焦点眼内レンズ
メリット
  • 眼鏡を使用しなくても、遠方と近方が見える
  • 眼鏡が必要な場合も1本で済む
  • 状況に応じた眼鏡を使用することでとても鮮明に見ることができる
デメリット
  • 30cmよりも近方の距離では少し見えずらくなる
  • 夜間のライトがまぶしく感じることがある
  • 白内障以外の眼の病気や脳梗塞などがあると効果を実感できない場合がある
  • 裸眼では、遠方・近方のいずれかが見えにくくなる
  • 眼鏡が必要になる
こんな方に
おすすめ
  • 見え方は少し劣ったとしても、なるべく眼鏡に頼りたくない方
  • 仕事や趣味、スポーツをする際、遠方も近方も眼鏡なしで見たい方
  • 手術前に眼鏡を使用した経験のない方
  • 眼鏡をかけても構わないので、より鮮明な見え方を求める方

手術後の転倒防止に配慮しています

イメージ画像

手術直後は目が見えづらくなるため、院内の移動を不安に感じる方が多くいらっしゃいます。
片山東眼科医院では患者様の安全のために、転倒防止のスタンドや車椅子を完備しております。お一人でのご来院の場合もご安心ください。

日帰り入院の手術が可能です

イメージ画像

片山東眼科医院は入院施設を完備しております。朝入院し、手術後の夕方に退院することが可能です。手術直後に帰宅するのが不安という方は宿泊入院も行っていますので、お気軽にご相談ください。

白内障検査・手術の流れ

  1. 1ご来院・初回の診察
    イメージ画像

    基本的な検査を行い、白内障の進行状況やほかの目の病気がないかなどを確認いたします。
    診察の最後に手術日を決定いたします。
    診察後は、次回ご来院日のご予約をお願いいたします。

    ★ご注意
    ・他の医院様からの紹介状がありましたら、ご持参ください。
    ・様々な検査を行うため、診察時間が少々かかります。
     お時間に余裕を持ってご来院ください。

  2. 22回目の診察
    イメージ画像

    手術に必要となる精密検査や血液検査、全身の問診を行います。かかりつけの内科などの他の病院がある方は、そちらの先生に確認を取らせていただくこともあります。
    また、手術日前後に気をつけていただきたいこともお伝えいたします。

  3. 3手術1週間前
    イメージ画像

    手術日の1週間前には、説明用のスライドをご覧いただきながら患者様とご家族の方に手術について詳しくご説明いたします。また、病室や手術室をご案内いたします。
    手術後の安全のために、感染予防のための抗菌剤を処方いたしますので、手術日まできちんと服用してください。

  4. 4手術当日
    イメージ画像

    朝、お食事やお薬はいつも通り取っていただいてから、指定時間までにご来院ください。
    そのまま入院となります。
    手術前には問診や血圧測定などを行い、全身と目の健康状態を最終確認いたします。
    手術は基本的に約15分で終了いたします。手術後は病室でお休みいただきます。
    夕方診察を行い、問題ないようでしたらお帰りいただきます。
    そのまま宿泊して翌日にお帰りいただくことも可能ですので、ご希望の方はご相談ください。

  5. 5術後2回目の診察
    イメージ画像

    手術の翌日と3日後に診察を行います。手術後の状態を確認いたしますので、必ずご来院ください。
    手術で入れたレンズが正しく固定されているかどうか、また術後の感染症などがおきていないかなどを確認いたします。

  6. 6術後の定期健診
    イメージ画像

    術後は定期的にご来院いただき、健診を行います。
    受診期間は、回復状態を確認しながら少しずつ空けていきます。
    なお、定期健診以外の日でも、違和感を感じたり急に見え方が変わったら、早めにご来院ください。お電話でのご相談やご確認も承ります。